グルコサミンとは何?

膝の痛みを緩和し、改善する成分としては非常に有名になってきたグルコサミンとコンドロイチンですが、膝にいいということは知っていても、それがどういったものなのかを知っている人は少ないと思います。これらをミネラルと思っている人がいますが、グルコサミンはアミノ糖類の一種で、コンドロイチンはアミノ酸の一種です。

 

アミノ糖類は、ブドウ糖とアミノ酸が結合してできるもので、体内で軟骨を作る材料になったり、靭帯や爪、皮膚を作る材料になる重要な成分です。グルコサミンの摂取は、すり減った軟骨の再生がスムーズになります。あらゆる種類の損傷によって痛んだ軟骨を修復できるので、加齢からケガなど幅広いトラブルの解消に用いられています。

 

グルコサミンは食事からでも摂取できますが、鶏の軟骨やフカヒレなどから摂取できるそうです。しかし、たいした量は摂取できません。ですから、現実的にはサプリメントから摂取するようにするのが良いでしょう。

 

グルコサミンは軟骨の生成に重要な役割をするので、特に膝だけに効果があるのではなく、体内の関節部の多くの痛みに効果を発揮します。人体においては、膝は特に負担も大きく、また酷使されている部分ですから、関節の痛みとなると膝が強調されるだけで、グルコサミンは全身のあちらこちらで使われます。

 

体の関節にどこか違和感が出てきたら、コンドロイチンと合わせて摂取するようにすると症状の改善や回復が早まると期待できます。ぜひ試してみてください。